Search

ichigaya-aikido-club

いちがや合気道クラブ

初心者稽古の深掘りを!

応無所住 而生其心(おうむしょじゅう にしょうごしん)

お陰様でいちがや合気道クラブも地元の友人、早稲田の先輩、後輩方のご支援を頂き2016年4月28日の立ち上げから早二ヶ月少しが過ぎました。稽古では呼吸法を中心に、初心者が普通の道場稽古時間では回転が早くて気づかないまま通り過ぎてしまう練習上の注意点を復習し、各自が自分自身の胸に届き納得するまで稽古するように務めています。具体的には下記の点を心掛けています。

「心のとどまることが動く心であり、ころころと自在に動くのが動かざる心である。」

沢庵禅師の「不動智心妙録」より

  1. 半身に立った時に自分の周りに円錐形の自分専用の稽古場を作る練習。
  2. 自分から場を主宰し、手を日本刀のようにはっきりと伸ばす先の先の練習。
  3. プラスの心、相手と対立しない心、技における集中と傾注の違いの感得。
  4. 半歩斜め前進してから継ぎ足で相手の背中奥深くまで入り身する訓練。
  5. 目線の切り替えによる気持ちの切り替えと体の安定を行う転換回転の練習。

呼吸法を中心に、集中と傾注の心の持ち方の違いから出発。気の錬磨や剣杖の練習を行いながら元気よくのびのびとした艶のある技を研究し、将来的には、乗る稽古、集中、統一、三昧の世界を目指したいと考えております。

よろしくお願い申し上げます。主宰者 梶浦真

 

 

Comments are closed.

© 2020 ichigaya-aikido-club . All Rights Reserved.