Search

ichigaya-aikido-club

いちがや合気道クラブ

いちがや合気道クラブ3月の稽古、組杖と杖投げ

いちがや合気道クラブの3月の稽古は、前月に引き続き組丈1Aと2から

スタート。その後で、参加者の事前希望により杖投げの練習をしました。

組杖には役割分担があり、1A側が先生、先輩。2側が生徒、後輩という

取り決めで行います。1Aと2の組杖は1Aと1Bの組杖と違い、お互いが

同時に打ちあうタイミングで進んで行きますので、1Aの先生、リード役

の導きが肝心です。とは言うものの、実際に2を振れるのは先輩で、普通

は1の杖しかやったことがない人が多いので練習上の方便で2を先輩が

やり1Aを後輩がやる結果になりました。初心者が合気道の杖に取り付き

にくい理由は、突く、打つ、払う動作に、順手、逆手と持ちかえが入る点、

それから右足、左足または両足を軸にくるりと回転、転換が入る為、見て

いてもなんだかわからなくなってしまう点です。慌てないで焦らず、ゆっ

くりと、悠々とやっていけばその内うまく出来るようになります。

杖投げは、相手に両手で持たせた杖を螺旋に回して行くと杖の回転に巻き

込まれて受けが回転しながらとんでいくという稽古をしました。以上

 

Comments are closed.

© 2020 ichigaya-aikido-club . All Rights Reserved.