Search

ichigaya-aikido-club

いちがや合気道クラブ

いちがや合気道クラブ組杖稽古について

7月は19日、26日、30日と三回稽古日を設定しました。杖1と2の素振り、

組杖が練習時間の大半です。先生から教えて頂いた杖の動きをベースにいかに

初心者の人に杖の動きに慣れるてもらうか、毎回試行錯誤の連続です。

ある程度素振りが出来ないと杖1の基本の素振りに入れませんが、初心者の

方は下記の点に集中していただきます。

1 杖に呼吸を通す、物心一体の動きを行う。

*有声無声の呼吸、振動を加える等。空中に杖で字を書く練習。

2 振る。突く。払う。

*杖の両端をいっぱいに使う基本動作になれる。突き、払い、打ち込みへの変化。

3 杖の持ち替え動作。

*杖を回して振る際の内回し、外回しからの杖の持ち替え。回さない持ち替え。

次に、超スローモーションで杖1の基本を行います。

各動きをパート毎にゆっくり練習します。杖の持ち替えを素早くやると初心者はつ

いてこれません。パート毎に区切って超スローで練習します。組杖に入る前に、呼

吸合わせを行ってから、相合わせを充分に行います。組杖は理合いを中心に説明し、

お互いに組杖の練習をするときは杖が触れ合わない距離をとって練習します。

慣れてきた人でも後半から動きが怪しくなります。この為、後半だけの特訓を行います。

このように稽古してゆくと、大学1年生の新入生でも一回の稽古で杖1と2の組杖が

どうにか最後まで流れを追えるレベルまで到達可能です。

次回から気の錬磨を増やしてゆく予定です。

以上

Comments are closed.

© 2020 ichigaya-aikido-club . All Rights Reserved.