Search

ichigaya-aikido-club

いちがや合気道クラブ

気の錬磨 11月7日の稽古

今回の課題は後ろ技の気の錬磨です。両手のひらで自分の前にある(と仮定する)鏡をくるくる回してピカピカに磨くようにします。どんどん腕を回して磨いていくと、やがて本当に目の前に鏡があって自分の顔が写るぐらいに腕をひたすら回して没頭して稽古します。

この練習の際に、師範が四段か五段の頃、後ろから掛かってくる相手が見えたよ、という説明があり、自分でもやってみようと思いたった次第です。

腕回しの後、後ろから方向を取る稽古の変化形で、止まれ、だけをひたすら繰り返しての練習をしました。

その他体術で後ろ襟どり、腰板につけた短刀取りを実施。原則外側に抜けたいのですが内側になっても大丈夫です。

後半は杖の稽古で1aと1bの組み杖、突きと巻き上げる受け、打ち込みと上段受けを重点的に練習しました。角度を間違えると相手の杖で自分の指をやられてしまいます。ここのところは注意が必要です。梶浦真

Comments are closed.

© 2020 ichigaya-aikido-club . All Rights Reserved.